メニュー

ゴルフの痛み - 名古屋市の健康習慣ミライフジム

お知らせ

ゴルフの痛み

こんにちは。

ここ最近のぽかぽか陽気に気分が上がっている室谷です。

本格的に暖かくなってきたら、ゴルフを再開しようと思っております。

(再開といっても1度しかコースに出たことがないド下手くそ。)

 

本日はそんなゴルフの話。

ゴルフは年齢、性別を問わず行えるため、多くの方に人気のスポーツですね。

前述したとおり私も少しゴルフ経験があるのですが、ドライバーで飛距離が出たり、狙ったところにボールを打てたりするととても気持ちがいいです。(いいスコアで回る気持ちよさは味わえておりません。)ですが上達するのはなかなか難しいですね。。

私のように上達に苦しんでいる人以外にも、身体の痛みに苦しんでいる人も多いと思います。痛みの出ない身体には、関節がしっかり動くかが重要です。

 

正しい関節が動かないと、動かなくてもいい関節に負担がかかります。

ゴルフの場合特に動いてほしい関節は、股関節と胸周りの背骨(胸椎)です。ここがうまく動かないと、膝や腰に負担がきやすいです。そして現代人の生活様式では、この動きが難しいのです。

椅子に座り続けることで股関節周りの筋肉が弱化し、パソコンやスマホ操作などの猫背を誘発する姿勢は胸椎の動きを制限します。

 

なのでまずはスイングなどの全身連動運動をする前に、各関節が正常に動くかどうかの可動域チェックをおススメします。

そのチェックや可動域改善エクササイズは、トレーナーにお尋ねください。

 

私の場合は普段から適切に体を動かしておりますので、胸椎も股関節もばっちり動きます。

どの筋肉がどのように動くことで、きれいなスイングになるかを理解しております。

スイングをしてもどこにも痛みは来ません。

 

 

でも、ベストスコア150

これがゴルフの難しさ。

ゴルフ

Copyright © 株式会社ゲオコンサルティング All Rights Reserved.