メニュー

自粛だけでは感染予防はできない - 名古屋市の健康習慣ミライフジム

お知らせ

自粛だけでは感染予防はできない

こんにちは

 

ミライフジムの金子です

 

 

1都3県に加えて、7府県も緊急事態宣言が発出されることが決まりましたね

 

 

緊急事態宣言で時短要請に応じて、多くのフィットネスクラブが午後8時までの営業を決めたようです

 

 

皆さんに質問です!

 

 

フィットネスクラブに通うことは「不要不急」でしょうか?

 

 

不急ではないにしても「不要」ではないと僕は思います

 

 

フィットネスクラブは一次予防に努めていて、病気やケガなど身が不調になる前の健康者に対して、その原因と思われるものを回避、取り除くことに努めていて、健康の増進に取り組んで、病気やケガなど身が不調を未然に防ぐことに貢献しています

 

 

コロナウイルスの感染対策に取り組んでいるフィットネスクラブは限りなく安全な環境だと僕は考えています

 

 

そういった役割を果たしているフィットネスクラブが時短営業してしまうことは、健康のために運動している人たちが機会損失をしてしまし、健康二次被害を引き起こします

 

 

むやみな外出は「不要不急」ですが、過度な自粛は運動不足を招いてしまい、地域社会への断絶がメンタルヘルスを悪化させます

 

 

各大学の先生も、外出自粛が引き起こす、健康二次被害の提言をしているそうです

 

 

エビデンスの中には「自粛による外出制限は運動不足を引き起こし、免疫力低下させ、その結果、感染や重症化し易い状態にする」というような内容もあります

 

 

また、運動習慣を感染と重症化リスクについても書かれていて「運動習慣のある人は市中感染症リスクが31%低く、感染症による死亡リスクは37%低くなる」というような内容も書かれています

 

 

元から運動をしていない人、運動から遠ざかってしまう人は免疫力が下がってしまい、マスクや手指消毒をしていても、ひとたびコロナウイルスの侵入を許してしまえば重症化してしまうリスクが高くなります

 

目に見えないコロナウイルスをマスクや手指消毒だけで完全に防ぐことが不可能であるとするならば、運動をして免疫力と防衛体力を高めて体内に侵入したとしても、自然免疫や獲得免疫でやっつけて発症しないことが大切ではないでしょうか?

 

ミライフジムは少人数スクール制だから、3密を回避した安心できる空間を提供できます

 

 

「ミライフジムでコロナ感染予防をしてみませんか?」

 


コロナウイルスの影響で在宅勤務になり、以前より活動量が減ったことにより、体力が落ちた方、体重が増えた方、目の疲れ、首や肩こり、腰痛、良質な睡眠が取れないなど、カラダの不調を感じている方へ

フィットネスクラブに行ってカラダを動かしたいけど、「大勢の人が集まる場所は心配」だから通うのをためらっている方へ

ミライフジムは、「密」の無い空間で、完全指導をするスクール制フィットネスジムです

ミライフジムでカラダを動かして、不調を取り除き、健康習慣を身につけてみませんか?

無料体験はこちらからお願いします。

Copyright © 株式会社ゲオコンサルティング All Rights Reserved.