メニュー

お知らせ

休養編⑤寝具選びで大切なポイント

こんにちは。

ミライフジム志賀公園店の濱田です。

 

金曜日にはZOOMミーティングが2件ありましたので、1件終わってすぐにもう1件に入室するという2次元での移動があり、これまでの人生では無かった環境に「時代は変わったな」と改めて感じた次第です。

 

online_kaigi_man.png

 

 

がんばってついていかないとですね!

 

さて、本日は休養編⑤です。

睡眠における「寝具」についてお話したいと思います。

 

皆さまはどの様な寝具を使っていますか。

6時間~7時間過ごす訳ですから(しかも毎日)テキトーに選ぶのとそうでないのとでは良くも悪くも大きく差が出てきます。

 

まずは敷布団ですが、基本的に「気持ちの良いもの」「寝返りを邪魔しないもの」が選ぶポイントとなります。

 

柔らかすぎる寝具や、衝撃吸収素材がふんだんに使いすぎて身体が沈む感覚があるようなものだと寝返りが打ちづらくなりますので、注意が必要です。

 

寝返りは血流が滞るのを避ける為の反応ですから、自然な寝返りが出来るものが、快適な睡眠には合っています。

 

硬ければ良いかというとそういう訳でもないらしく、「いま使っている寝具」を基準として、「少し硬い」「少し柔らかい」というように選ぶ事が良いとされています。

 

また「掛け布団」も重要とされており、これは体温調整の為です。

 

寝る前には深部体温が下がった状態で、寝ている間に徐々に体温が上がっていくと言われています。

寝てる間に布団を蹴とばすアレです。

 

ですから暑ければ1枚はがし、寒ければ1枚パッとかぶれるようなものが良いので、薄いものを2枚重ねにするとお勧めです。

 

人生の1/3を過ごすものですから慎重に選びたいですね。

 

それでは次回に続きます!

 

コロナウイルスの影響で在宅勤務になり、以前より活動量が減ったことにより、

体力が落ちた方、体重が増えた方、

目の疲れ、首や肩こり、腰痛、良質な睡眠が取れないなど、カラダの不調を感じている方へ

フィットネスジムに行ってカラダを動かしたいけど、

「大勢の人が集まる場所は心配」だから

通うのをためらっている方へ

ミライフジムは、「密」の無い空間で、

完全指導をするスクール制フィットネスジムです

ミライフジムでカラダを動かして、不調を取り除き、

健康習慣を身につけてみませんか?

無料体験はこちらからお願いします。

Copyright © 株式会社ミライフ All Rights Reserved.